株式会社okeikoJapan

日本文化を英語でさらっと言えるとかっこいい 神社編

LINEで送る
Pocket

 

 

 

昨日のコラムで神社仏閣の違いを簡単に説明したので今回は神社について

自分の言葉で言えるようにしてみましょう。

 

 

用語など

 

 

神社と聞いて思いつくのは

鳥居   Torii gate – the gate for Shinto Gods and Goddesses.

参道             approach – road from the Torii gate to the shrine

狛犬             guard dog –  protection of shrine

しめ縄         Shimenawa – sacred rope

お賽銭箱     donation box  (お賽銭って神社に対する寄付なんです)

鈴    bell – by ringing,purify worshippers and bring attention of God

おみくじ     fortune – 動詞はdraw を使います。 
     draw a fortune. でおみくじをひく

お守り  charm, amulet など

 

 

 

 

 

なるべく簡単な文章にする

 

人が書いた英文をそのまま覚えても仕方ありません。

説明をしようとおもったらまず自分で何を言うか考えなければ。

しかし日本語の長い文章をそのまま訳そうとするとだれにもわからない英文が出来てしまいます。

なるべく短いかんたんな文章にする、これがコツです。

そこにある物を説明する時にまずいうといいのは

これは ○○ です、 という。 かつて中学校の教科書の最初に書いてあったアレ。(年がしれる)

This is ~~~.

そのあと 〜〜 の部分を説明します。

Torii gate is the gate for God and Goddesses. (鳥居は神様のための門です)

説明したい言葉を主語にもってきて ○○です、という文章をつくると案外簡単に文章を訳す事が出来ます。

ぜひお試しください。

 

 

 

 

英語まめちしき

ama  
ask me anything の略で 何でも聞いてねってことです。その道に詳しい人が知らない人に何でも教えてあげるよ,っていう感じで使います。

 

 

おまもり作り体験予約

おまもり体験予約

ご希望の2日前までに必ずご予約ください。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP